医療法人 燦光会 新セントラル歯科 診療案内・口腔がんの予防

医療法人 燦光会 新セントラル歯科
医院案内
院長紹介
スタッフ
診療案内
矯正歯科
レーザー治療
インプラント
バネのない入れ歯
ホワイトニング
ドライマウス
顎関節症
いびき
歯周病
口腔がん
定期健診
施設案内
アクセス
往診案内
介護施設案内
 
 
診療案内
口腔がんの予防

 日本の死因第1位は「がん」が占めるようになり、「口腔がん」死亡者数も年々増加傾向にあります。
早期発見することが出来れば、治療後の後遺症も少なく、治癒率の高い病気です。

早期発見!!セルフチェック

舌の横の面に異常がある
頬の内側に異常がある
歯肉に異常がある
舌と歯列の間に異常がある
口の中に治りにくい傷がある
できものがある
白色病変がある
赤と白の混在した病変がある
病変に硬結(しこり)がある
病変から出血がある
病変に痛みがある
病変の大きさや形が短期間に変化する
ただれがある

ひとつでも気になる症状がありましたら、悩む前に早急に検診を受けてください。
早期発見の重要性
 口腔がんは40歳を過ぎる頃からみられるようになり、加齢とともに発生率は上昇します。がんは初期のうちに適正な治療が行われれば、ほぼ100%治癒しますが、進行がんになるにしたがって治癒率は急激に低下しますので、早期発見はきわめて重要です。
 口腔がんは胃がんなどと異なり、直接肉眼でみることができるにも関わらず、多くのものが発見されたときすでに進行がんとなっているのが現状です。初期にはほとんど無症状で、外見にも多様性に富んでおり、良性病変との区別が付かないので、患者さんが気づいて受診されたときにはすでに進行がんになっているというわけです。だから口腔がんの診断には専門医の目が必要なのです。
口腔がんの予防法
  1. 禁煙あるいは節煙を行う。
  2. 口腔内を清潔に保つ。
  3. 適切な、う蝕治療、補綴治療、歯周治療を行い、口腔環境を整える。
  4. 香辛料を摂りすぎない、バランスのよい食事を摂る。
症例
舌がん   口底がん
舌がん   口底がん
   
歯肉がん    
歯肉がん   口底がん
KAWARYO九州  
copyright (C) 2007 New Central Dental Clinic allrights reserved.